www.firstfridayweekends.com
自動車の損害保険には、この記事をお読みの方もご存知かと思うのですが、通称「等級」という略称で知られるランク付けドライバーに対してつけられます。省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、保険の料金にとても大きく関わっています。等級という制度は、自動車損害保険に入っている者の透明な料金設定を可能な限り保つことを目的としトラブルを生じさせる自動車の損害保険を使う確度が大きければ大きいほど月額の掛金が値上げされます。その反対に事故を起こしてしまう恐れがほとんどなく、クルマの損害保険を使うとはあまり考えられない利用者に関しては、リスクの低い利用者だろうと判断され、月額の掛金がぐっと押えられます。安全に車を利用する運転手の方のほうがそうでない人より優遇される決まりなので、事故を発生させてしまいやすい被保険者には多少不利な機構だといえます。等級という仕組みは、リスクの低い加入者と事故リスクが比較的大きい被保険者の保険料金が同じだとアンフェアに思ってしまう被保険者が大多数なので、会社側にとっても支払額を低減させるためにどうあっても必要な決まりだと考えられるのです。等級という制度が具体的にいってどんな制度なのか端的に概説しようと思います。初めに等級というシステムには1等級から20等級まで設定され、級が増加するごとに掛金が割り引かれる制度になっていることに注意しましょう。続いて1等級から3等級については引き下げられず、それどころか割増になりトラブルを起こしてしまい自動車の保険を適用すると3等級引き下げられさらに負担が増加した自動車の損害保険を払っていくことになります。そして、はじめて車の保険に加入するケースにおいては六等級よりスタートとなりその等級から自分の級が低くなっていくのか増えていくのかは自分によります。ですから掛金を安く抑えたい人はアクシデントを生じさせないように日々余裕を持った運転に努めていくのがまずは一番効率的といえるでしょう。