www.firstfridayweekends.com
自動車損害保険にはみなさんも既に知っているかと思うのですが通称「等級」という略称で知られる数字付けドライバーに対してつけられます。正式名称としてはノンフリート等級別料率制度といわれ、掛け金に影響しています。等級というのは、自動車保険加入者のフェアな料金設定を担保することを狙いとしており自動車事故を生じさせる可能性ないしは、自動車の保険を使われる現実味が高ければ高いほど掛け金が増えます。一方でアクシデントを発生させる現実性がより低くクルマの損害保険を使うとはあまり思われない利用者に関しては、良い被保険者だと認定され、保険の料金が値下げされます。安全にマイカーを運転する利用者の方が優遇される仕組みなのでトラブルを生じさせてしまいやすい人には不利な機構だと考えられます。等級という枠組みは、リスクの低い運転手と事故の可能性が比較的大きい加入者の掛け金が同じ金額だと割高な金額を払わされていると思ってしまう人が多数であるため、会社サイドにとっても支払額を低減させるためにどうあっても欠くことのできない枠組みだと考えられます。ここで、等級という制度が具体的にはどのような機構なのか概説させていただきます。最初に等級というものには1等級に始まり20等級まで設けられ数が大きくなるごとに月額の掛金が低廉になるようになっております。続いて1等級?3等級の間においては値下げされず、逆に保険料は引き上げられ、トラブルを起こしてしまい、自動車の保険を適用すると3等級引き下げられより負担が増加した車の保険を払っていくことになってしまいます。そしてはじめて自動車の損害保険に申請する時は6等級という級からのスタートとなり、そのときから自分の等級が下がっていくのか増えるのかは自分次第です。そのため、保険の掛金を抑えたい運転者は交通事故を起こさないように日々余裕を持った運転に心がけるのが大事だといえるでしょう。