www.firstfridayweekends.com
予測せず思いがけず起こるのが自動車事故です。この場面で何をどうやって対応したかが要因となり、自動車の保険金の受け取り額も全く変化するケースも予測できますので適切な決断と対策が不可欠です。思いつきもしない出来事で慌ててしまうのならば必要不可欠な場面を見過ごしてしまい後々己がかなりの損を負わされることも考えられるので自動車の事故を起こしてしまった場合には的確に以下の判断を行います。乗用車の事故を起こしてしまった場合に最初にするべき事は重軽傷者がいるかどうかの確認です。事故直後はパニックになってぼうぜん自失となってしまう時がありなかなか行動できないのが通常です。だから、怪我人がいたならば危険じゃない場所に運んでできる限りの処置をして周りに助けを呼ぶようにして要救助者優先に努めましょう。119番に連絡する場合は正しい現場を伝え不明確な状況では辺りの目に留まったお店や町名を告げて事故の現場の場所を特定できるようにします。その後で110番に通報して自動車の事故があった事と簡単に状況を連絡します。救急車とパトカーが来るのを待っている時に負傷者の情報を確認します。名前、住所、免許証、車のプレート事故の相手の自動車保険の会社名などお互いの身元を言います。その場面で事故相手に原因があったような場合、即刻やりくりしようとする状況がありますがその場所でうやむやにするのではなく、どんな場合だとしても110番や自動車保険会社に届け出て、きちんと調査してもらうようにしましょう。互いの身元を教えたら他の交通の妨げになることをやめるために妨げになる物道から取り去ります。もしも妨げになった物が妨げとなっている時には、自分と相手の情報交換をする前にこの作業を行っても構いません。自身のお金を払っている保険屋さんに連絡を入れて交通事故が起きた事を届け出ます。自動車での事故から一定の時間内のうちに自動車保険会社に知らせておかないと、交通事故の保険の適用外となることもあるのでなるべく早く行動することが重要です。可能ならば事故現場の跡として、携帯電話のカメラ等で事故の現場や乗用車の破損箇所の写真を残しておきます。それは過失の割合決定する際にとても大きな役割とできますので自分のクルマや相手方のクルマの破損状態を正確に写真に残しておくことが大切です。この際に他の人がいたとしたら警察の人や保険会社の人が駆けつけるまで事故の現場にそのまま待ってもらえるように求めることも必要です。