www.firstfridayweekends.com
急に遭遇するのが自動車の事故です。そこでどんな風に行動する結果で自動車保険料の受け取りも相当異なる時も予想できますので間違えない判断力と対策が重要です。予期せぬハプニングで混乱してしまったとしたら大事な対応を見逃してしまい、後でかなりの損を受けることも考えられるので自動車事故をしてしまった時には的確に以下の対処をしましょう。車の事故を起こしてしまった場面でまずすべきなのは怪我をした人がいるかどうかの確認です。事故のすぐ後はパニックになってショック状態になってしまうことがありなかなか対処できないのが現実です。なので、負傷者がいたならば危険じゃない地点へ運んでからできる限りの処置をして周囲の人に助けを呼ぶなど要救助者優先に努めることが重要です。119番通報する場面でははっきりと事故があった場所を連絡し分からない場所では近くの目を引くデパートや場所名を告げて位置が分かってもらえるようにします。その後に110番に連絡し事故が発生したことと簡単な状況を伝えます。救急車とパトカーの到着を待っている時に相手のことをチェックします。名前、住所、電話番号、免許証、相手の自動車保険の会社名という相手だけでなく自分の内容を教えあいます。相手に原因があったような状態では、そこで片付けようとする場合がありますがその場で解決するのではなくどのようなケースにかかわらず警察署や保険の会社に届け判断してもらう事が大切です。それぞれの情報を教えたら車のさまたげになることをやめるために妨げになる物道路からどかします。万一被害が車の障害となっている場合はお互いの情報交換をするより先にその対応を完了させても構いません。自らがお金を払っている自動車の保険会社に電話をして自動車の事故を起こしてしまった事を告げます。自動車事故から特定の時間の時に保険屋さんに連絡を入れないと、交通事故の保険の適用外に場面もありえますのですぐに連絡することが必要です。可能ならば形跡として手持ちのカメラや携帯のカメラ等を用いて現場や愛車の破損状態の写真を残しておきます。この証拠写真は過失の割合決める際に大きな証明となりますので、自分の車や相手方の自動車の破損箇所を正確に証拠写真として残しておいてください。その時に見た人がいたのなら警官や自動車保険会社が到着するまでその場所にいてもらうようお願いするのも必要不可欠です。